大事な庭木の最後【枯れているなら伐採を選ぶ】
切り倒し方にはコツがいる~熟練された伐採技術~
庭木の手入れは業者に依頼~病気や害虫を追い払おう~
大事な庭木の状態を知る~誰でも出来る枯れ木診断~

伐採を考える前に出来る事~庭木の健康を保つ~

手入れをしてこれ以上庭木を枯れさせない

枯れてしまった庭木は伐採しないと様々な悪影響が発生しますが、枯れていない木が残っているなら、手入れをすれば元気になります。伐採を依頼するついでに、専門業者が行なっている手入れサービスを利用しましょう。

業者が行う庭木の手入れサービス

病気や害虫を予防する
庭木には、毛虫やアブラムシといった害虫が住み着く場合があります。このような害虫を放っておくと庭木が病気になり、すぐに枯れてしまうのですが、専門業者は消毒を行なって害虫予防をしてくれます。主に噴霧器を使った作業になるのですが、木に優しい消毒液を使用するので安心して任せましょう。また、庭木にも様々な種類があり、中には害虫に好かれやすい種類もあります。そのため、自分が育てている庭木の種類を把握しておくことも大切です。
草刈りを行う
庭木の健康状態を良くする対策の一つに、草刈りがあります。草刈りを怠ると庭木の栄養分を吸い取って成長が遅れたり、同時にムカデやカメムシ、蚊といった害虫の温床になってしまいます。中でも害虫を餌にしているネズミなどが庭木を伝って住宅に侵入するという二次被害が発生する可能性もあるため、定期的な草刈りは非常に重要なのです。また、草刈りをすると庭木が健康になるだけでなく、ガーデニングも思う存分楽しめるようになります。

まとめ

草刈りや消毒など、庭木を元気にする方法は様々ありますし、もちろん剪定も効果的です。さらに、根元からではなく、幹の途中か伐採をする半伐採という方法もあるため、庭木が枯れないようにしたいのなら、一度業者に相談しましょう。

TOPボタン