大事な庭木の最後【枯れているなら伐採を選ぶ】
切り倒し方にはコツがいる~熟練された伐採技術~
庭木の手入れは業者に依頼~病気や害虫を追い払おう~
大事な庭木の状態を知る~誰でも出来る枯れ木診断~

安全に庭木の伐採を進める~住宅地での作業方法~

背の高い庭木を伐採する作業方法

初めて伐採の依頼をする場合、作業の安全性に対して不安を感じるはずです。そこで、まずは作業方法を確認してみましょう。

伐採作業の流れ

安全を確保する

専門業者が伐採をする際、地形や周辺の樹木、伐採する庭木の重心の位置を見極めて、倒す方向を決めていきます。この時、重心より左右に振りながら倒していくため、安全性が高くなります。また、伐採作業を開始する前に近隣住民に挨拶に行き、作業中は近寄らないようにと注意喚起をしてくれるので、迷惑が掛かることもありません。

枝打ちをして作業しやすくする

庭木の伐採では、より安全性を高めるために枝打ちと呼ばれる作業を行ないます。この作業を行なうことで枝が絡まる危険性を減らせますし、他の木に寄りかかる「かかり木」にならないように防ぐことができます。また、伐採する庭木の背が高い場合、安全に倒せる高さになるまで少しずつ刻んでいき、大きな事故を起こさないようにしています。

ロープで引きながら切り倒す

枝打ちをしながら庭木の高さを整えた後は、切り込みを入れて倒れてほしい方向に向かうように準備を進めていきます。受け口の切り込みなど難しい作業があるため、ここは業者の腕の見せ所です。そして、準備が完了したらロープやワイヤーを使いながら牽引し、伐採を進めていきます。このロープによる作業は、土地が狭い時にも行なわれます。

まとめ

庭木が生えている場所ごとに伐採方法は変わりますが、住宅の庭という狭い場所では、ロープを使った方法が採用されます。

職人による匠の技

職人にしかできない技術があります(伐採のプロ)

庭木を伐採する方法はロープによる牽引だけではありません。クレーン車や木登り職人による伐採も行なわれます。これは、住宅地の伐採をする場合によく行なわれる方法で、作業員が木に登って枝を少しずつ伐採し、一度クレーンで釣り上げてから地面に下していきます。また、スタッフが、自分の体一つで行なうロープ伐採もあります。

TOPボタン