大事な庭木の最後【枯れているなら伐採を選ぶ】
切り倒し方にはコツがいる~熟練された伐採技術~
庭木の手入れは業者に依頼~病気や害虫を追い払おう~
大事な庭木の状態を知る~誰でも出来る枯れ木診断~

庭木の伐採を怠るデメリット〜トラブルを回避する最善策〜

枯れた庭木の伐採を放置した際に起こるトラブル

自分で大切に育ててきた木が枯れてしまうと寂しい気持ちになります。愛着がある分、残しておきたいという気持ちになるはずですが、枯れてしまった庭木の伐採をせずに放置しているとトラブルの原因になってしまう可能性があります。

まとめ

枯れた庭木による被害は自宅だけではなく、近隣の住宅に波及します。また、脆くなっている庭木は強風が吹いただけで倒れる可能性もあるため、安全のためにも、残したいという気持ちを抑えて専門業者に伐採の依頼をしましょう。 "

作業内容の違いについて

専門業者が行なっている庭木の手入れ方法には、伐採だけでなく剪定もあります。両者はよく混同されてしまいますが、実は明確な違いがあります。そのため、依頼の際は違いを把握し、庭木の状況に合わせた方法を選ぶようにしましょう。 "

まとめ

伐採と剪定とでは行なう作業内容や目的が明確に異なりますが、依頼の前に違いを確認すると話がスムーズに進みます。

剪定をするメリット

伐採時に剪定と同じく枝を切り落とす作業を行ないます。これは枝打ちと言って、伐採しやすくするために必要な作業です。

TOPボタン